NEWS

新着情報

2019/09/02スタッフの日常

今週のお花-Vol.27

9月が始まりましたね。
残暑は厳しいですが、秋の花や食べ物などが出回り始め新しい季節を感じられるタイミングでは
ないでしょうか?

 

【今週のお花】

★アカゴメ(赤い稲)・・・花言葉を見付けられず。。。美容に良い食物繊維やビタミンなどが豊富に含まれています。

☆スターチス(白)・・・「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」 ➡ 花の名は、ギリシャ語の「statizo(止める)」を語源とし、薬草として下痢止めに用いられてきたことに由来するそうです💊

★グラジオラス(ピンク)・・・「密会」「ひたむきな愛」 ➡ この花言葉。古代ヨーロッパで、人目を忍ぶ恋人たちが花の数で密会の時間を知らせていたことに由来するとか♡

☆オンシジューム(黄)・・・「可憐」「一緒に踊って」 ➡ 今週もやって来ました。原産地は中南米。400種類以上が分布しているそうです🌎

★トルコキキョウ(白)・・・「良い語らい」「希望」➡ 今週は白いトルコキキョウです。日本に入って来た頃は青紫色の小さな花だけだったそうです。

☆ミモザ(葉)・・・「友情」「真実の愛」 ➡ 花が咲く前のミモザです。ヨーロッパでは春を告げる花として親しまれています。

★ヒマワリ(黄)・・・「あこがれ」「あなただけを見つめる」 ➡ ギリシャ神話には、太陽神アポロンに恋い焦がれて彼を見つめ続けた少女の化身であるという伝説があり、このエピソードに因んだ花言葉だとか☀

 

9月と言えば何を思い浮かべますか?

お月見・お彼岸・敬老の日・秋分の日・ブドウ狩り・運動会等イベントも多い時期ですね。

今年の十五夜は9月13日(金)です。

十五夜とは秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で「中秋の名月」と呼ばれています。

月見だんご、すすき、芋などを供えるのは、様々な物事の繋がりに対して感謝と祈りを捧げるためで、日本文化の特徴ともいえます。

昔から月と太陽は陰と陽の象徴であり、月は「お陰さま」の心に通じると考えられてきたそうです。

収穫物は生きる糧となるので、支えてくださる物事に対して、お月見をしながら感謝をするのも道理となっているのですね。

9月は台風の季節でもありますが、晴れて十五夜にお月見が出来ますように🎑

 

今週も素敵な1週間をお過ごしください🐇

 

株式会社サン・プランナー 052-219-4545

 

 

CONTACT

お問い合わせ

オフィスデザイン・移転/内装・設備工事/原状回復からリノベーション
お見積り・ご依頼・お問い合わせは、お気軽にサン・プランナーへ!